Euphorbia cylindrifolia

Euphorbia cylindrifolia


科名:トウダイグサ科
属名:ユーフォルビア属
原産国:マダガスカル

サイズ(鉢込み):W 10cm x D 10cm x H 16cm

特徴
葉の形状は筒状で春から夏にユーフォルビア特有の薄黄色の小さな花を咲かせます。実生苗でしたら10cm〜15cmほどの塊根を形成いたしますが挿し木の場合は根しか出なく塊根状にはなりません。

管理
一年中日当たりが良く風が当たる場所を好みます。日照条件などが悪ければ徒長してしまうの春〜秋はベランダなどでの管理をお勧めいたします。温かいところの植物なので冬場は室内での管理をお勧めいたします。


水やり
厳しい環境の植物の仲間ですが、ある程度の管理が必要とされます。春から秋まではある程度の水量と肥料を必要としますが冬場は基本的に必要としません。


■春と秋は午前中に土の様子を見ながら全体的に水やりします。完全に乾いてから水をやるやり過ぎは根腐れの原因になりますのでたまに断水させることをお勧めいたします。固形肥料を置くのに適した時期でも有るし1周間に1回ほど液肥などを1000倍程に稀釈して水やり同様散布してあげると元気な個体になります。

■梅雨時期の水やり控えてください、この時期に根腐れなどになりやすいので・・・・

■夏は用土が乾いたらたっぷりと外気の温度が下がりだす夕方に与えると良いと思います。

■冬はスプレーで葉水のみで良いです。

植え替え時
5月〜6月が植え替えに適しております。

よく質問されるのが水やりの頻度なのですが植物を置く環境で変わるので御自身でも研究してください。
購入数
売り切れ