モモタロウ(接木)

モモタロウ

学名:Echinocereus pentalophus cv.momotarou
科名:サボテン科
属名:エキノケレウス属
原産国:メキシコ・アメリカ

サイズ:W19cm x D16cm x H25cm
(呼吸する鉢 pumice pot込み)

特長
小さな柱サボテンの仲間の桃太郎を同じ柱サボテンに接木にしてみました、サボテンの中でもそこまで徒長しないエキノケレウス属、成長期の夏から秋口にかけて新芽を出してきます。小さいのに大きな花を咲かせるエキノケレウス属の仲間、可愛くて樹形が摩訶不思議なモモタロウ!


D&Lオリジナルポット:鉢:「呼吸する鉢 pumice pot」サイズ:W 11cm X W 11cm X H 15cm(穴8cm)  
鹿児島県産の軽石で作られたday and lightオリジナル鉢その名も[呼吸する鉢 pumice pot] 通気性、保水性いに優れ根腐れしにくく根の成長に適した環境を作ってくれます。根腐れ防止にも効果があり色んな植物との相性もよく根の成長を促す効果があります。

管理
サボテンの仲間なので日当たりの良い場所で育ててあげると良く生育しますが梅雨時期や冬場の長雨には弱いのでその点に注意して頂けたら年間をとうして楽しめます。

水やり
厳しい環境の植物の仲間ですが、ある程度の管理が必要とされます。春から秋まではある程度の水量と肥料を必要としますが冬場は基本的に必要としません。

■春と秋は午前中に土の様子を見ながら全体的に水やりします。用土が完全に乾いてから水をやる事、連日のやり過ぎは根腐れの原因になります。5日に1回ほど断水させることをお勧めいたします。

■夏は外気の温度が下がりだす夕方に与えると良いと思います。この時期にも5日に1回ほど断水させると、強い個体になります。

■梅雨時期の水やり控えてください、この時期に根腐れなどになりやすいので・・・・

■冬はスプレーで葉水のみで良いです。冬場の植物の表情も最高に綺麗ですよ!

肥料のやり方
植物は春から秋にかけて成長致しますので固形肥料などは茎の周りではなく鉢のふちに置き液肥を1000倍に稀釈10日に1回ほどタップリと散布してあげると成長を促進致します。

植え替え時期
5月〜6月が植え替えに適しております。
購入数
売り切れ